2018年12月8日土曜日

展示車は即納可能です!

店長 北村です。
以前、記事にした
クロスバイクですが、
お買い上げいただきました。

好評につき、現在は
ブルーを展示してあります。
展示車は即納可能です。
もちろん他のご希望のカラー、
サイズの取り寄せもOKです。

取り寄せの場合は組み立て整備で
時間がかかります。

クリスマスプレゼントに
考えている方は、
早めに注文してくださいね。

お店紹介

131217-01.jpg

神領駅南口から歩いて2分!!
激安!自転車レンタル、レンタサイクル

ママチャリ、シティサイクル


自転車販売、自転車修理(出張、配達可能)、
激安レンタサイクル
自転車専門店です。



当店で購入した新車は・・・
1年間パンク修理、点検調整、無料!!
出張代は3年間1,000円引き!
配達可能!

さらにずっと修理代は10%引きです。


タイヤ、チューブ交換は有料となります。
10%引きは1,000円以下の修理には適用されません。


パンクの心配の無いノーパンク自転車、おしゃれなファッションサイクル、
スタンダードなシティサイクル、ママチャリ、現品限りのお買い得車などもあります。
新車情報はこちらからどうぞ!


131201-04.jpg

131201-03.jpg

131201-02.jpg

131201-01.jpg

131201-07.jpg


修理大歓迎!!他店でご購入した自転車でも遠慮せずにどうぞ♪
ブレーキアジャスター調整無料
パンク修理900円から
車椅子の修理、できるものであれば対応します。ご遠慮なくご相談ください。
今乗っている自転車ノーパンクタイヤにできます。
嫌なパンクや面倒な空気入れの手間ともお別れできます。


不要自転車、無料引き取り!!
詳しくはこちら


出張修理も行なっております。
お気軽にご相談ください。



webページ http://www.toyda.net/
eメール info@toyda.net
住所
愛知県春日井市神領町2丁目20-4


営業時間
9:30~18:30
火曜、祝日定休
(土、日の祝日は営業します)
12月30日~1月3日は
休業します

臨時休業などコチラで確認できます

TEL
0568-85-4870


2018年11月29日木曜日

車輪をかえて、はい終わり??

最近は朝晩が冷えるようになりましたね。
店長の 北村 です。

少し前にこんな修理をしました。



前車輪が見事に曲がってますね。
転倒や事故などで曲がってしまうことは
ありますし、自転車に詳しくない方でも
この異常はすぐ見てわかると思いますが、
案外見落としがちなのがフォークと呼ばれる
前車輪と自転車の基部、フレームを
つないでいる部品が曲がっている異常です。

この自転車の場合、わかりやすい

進行方向に沿った曲がりではなく、
進行方向と直角方向、左から力が掛かって、
右にずれていました。

乗ると直進しない
(この場合は左にハンドルが取られます)
危ない自転車になってしまいますので、
変な感じがしたら、早めに持ってきてくださいね。


2018年11月18日日曜日

通勤、通学向けクロスバイク

店長 北村です。

最近はスポーツバイクが流行っているせいか、
通学、通勤でも、クロスバイクや
ロードバイクを利用する方が増えましたね。

自分が好きな自転車での通勤、通学は
楽しいものですが、どれぐらい好きかで
おすすめする自転車は変わってきます。

本格的にスポーツ走行をしたいし、
自転車は好きだから
維持費やメンテナンス、
運用の手間を惜しまないぜ!!

って方は、一般的なスポーツバイクを
通勤、通学に使っても問題はないのですが、

そこまで覚悟を決めるのはちょっと・・・
という方にぴったりのクロスバイク入荷してます。



ブリヂストンのTB1っていう自転車です。一見すると泥除けとライトがオプションでつけてある
よくあるクロスバイクに見えるんですが、
この自転車、けっこうスゴイんです。



ここがスゴイよ!TB1 そのいち



まずライトですが、一般的なスポーツ自転車だとハンドルに
バッテリー式のライトを付けます。自己発電ではないので、
点灯しても重たくならない代わりに、電池切れの心配が常に
つきまといます。

好きだから運用でなんとかする方はいいですが、
そこまで自転車に気を使いたく無いよって方、
このTB1のライト、下からコードが伸びているの見えます?

接続先は・・・・
車輪中央ですね。ここに電池が入っているわけではありません。
入っているのは非接触式の発電機です。

つまり、電気切れの心配をせず、点灯しても重たくならない。
しかも、オン、オフはライトが自動でしてくれます!



ここがスゴイよ!TB1 そのに


そして、フルフェンダータイプの泥除け。
雨の日でも通勤、通学される方だと必須ですね。

え?雨の日は他の手段で行くからいらないよ って方、

雨上がりに走ると泥汚れで服と顔が悲惨なことになりますよ。
しかも、この汚れ、落ちにくいんですよねぇ。
行きは降ってなかったのに、仕事中に降ってきた。
帰りは止んでるんだけど・・・・って場合でも
安心して帰れます。


ここがスゴイよ!TB1 そのさん

一般的なスポーツ自転車だと、鍵は車体に取り付けされてません。
直接取り付けた場合は、いかにも無理やりって感じで
耐久性、使い勝手が良くないものしかありません。
ワイヤーロックなどを別体で持ち運んで施錠する運用になります。
正直すごく面倒ですね。

TB1は最初から使い勝手のいいサークル鍵が、
車体に取り付けてあります。
鍵の品質もバッチリなのでメーカーが
3年間盗難補償をつけてくれてます。


ここがスゴイよ!TB1 そのよん
タイヤサイズは一般軽快自転車・・・
つまり、ママチャリとかシティサイクルとおなじ規格のタイヤです。
一般的なスポーツ自転車のタイヤはモデルによって違いはありますが、
基本的には

軽く、速く、効率よく走れます!!
(趣味の自転車に使うタイヤだから、値段が高いとか
耐久性が悪いのはわかっているよね?これでいいよね?)

って感じの考え方で作られています。
つまり性能はいいけど、値段が高い上に寿命が早く来ます。
大まかな目安で言えば、値段2倍、寿命1/2って感じです。

本格的なスポーツ走行をするのでなければ、TB1の
タイヤのほうがお財布にやさしいです。



ここがスゴイよ!TB1 そのご

ここまで実用性を書いてきましたが、
ちゃんと通勤、通学向けクロスバイクとして
スポーツバイクらしい要素もあります。


街中の通勤には十分な変速段数。
前変速機が無いことでギアチェンジを迷わない上に、
トラブルを回避!



スポーツバイクらしく足の回転数を上げやすいサドル形状
ケイデンスを30上げろの指示にも答えられるかも?



前ブレーキはスポーツ車用のVブレーキで制動力バツグン!

制動力にあまり影響の無い後ろブレーキは一般軽快自転車と
同じローラーブレーキでメンテナンス回数と運用コストの軽減!

当然のようにスタンドは付いていますし、スポーツ自転車だと
まず装着できない両立スタンドもオプションで装着できます。

本格的なスポーツ車を検討している方には向きませんが、

本格的なスポーツ走行はしないけど、
格好はクロスバイクで維持費は
あまり高くない自転車を探している方、

メンテナンスの手間はかけたくないけど、
一般自転車は嫌!

な方、いかがですか?


アルミフレームのパイプ形状も凝っていて、かっこいいですよ。

2018年10月24日水曜日

曲がった泥除けを放おっておくとどうなるのか!

曲がった泥除けを放っておくとどうなるのか!

曲がった泥除けを放おっておくと、タイヤに巻き込み危険です!
タイヤもチューブもスパッ!!と切れてしまい!
タイヤチューブ交換になってしまいます。
今日のお客様も泥除け巻き込み見事に切れてしまいました。


このお客様と相談の結果、
タイヤチューブを新品に交換と
再発してまた泥除けを巻き込み
せっかくの新品のタイヤを切ってしまう可能性があるので
泥除けも交換する事になりました。

泥除け交換は結構大変なんです。

まず車輪を外し、
古い泥除けをはずします。

新しい泥除けを自転車に取り付けます。
フレームのブリッジ穴と新しい泥除けの穴を合わせてネジを通して
取り付けますが、泥除けには最初から穴は空いてません。

自転車に合わせて泥除けに穴を空ける作業があります。
自転車によって穴の位置は変わりますので、間違えないように測って
穴を空けるのが、結構大変なのです。

でも、この作業があるおかげで、一般的なママチャリやシティサイクルは
メーカーが違っても補修用泥除けを取り付ける事ができて、比較的安く済ます事ができるのです。
泥除け穴あけ専用工具を使います。

穴の位置を間違えないように慎重に!
自転車のブリッジ穴に合わせて泥除けに穴を空けます。



反射板の移植や泥除けステーの移植も行い、泥除けを自転車に取付ます。

反射板の為の穴あけや、泥除けステー修正などもあり時間はかかります。


車輪を組み付けて完成です!

ピカピカの泥除けが付きました!

まとめ

泥除けは曲がったまま放置しないでくださいね。
タイヤに巻き込みタイヤチューブ交換になりお金もかかりっますが、
転倒の危険もあります。

絶対にやってはいけないのが、二人乗りは泥除けを壊す大きな原因です!
泥除けは後から壊れて、巻き込み、転倒の危険が出てくるのです。




2018年10月21日日曜日

意識しないけど、よく使ってます。

皆さん、自転車に乗るとタイヤやブレーキは走ると使うから
消耗品と言うイメージは有るみたいなのですが、
そういったイメージをあまり持たないけど、
よく使っている部品があります。


停車に使うスタンドです。よく使うとこんな感じで
バネや、それを止めるフック部、スタンドを取り付けている
リベットがダメになったりします。
走り出し、駐輪時に必ず動かすので、毎日使うと
負担は相当なもの!、錆びてきたり、動きが悪かったり
ガタガタしだしたら、早めに交換してくださいね。

2018年9月22日土曜日

お渡し時の確認

修理の自転車のお渡し時、
車両確認のため、3分くらい
時間がかかったりします。

”え?!、そこにおいてある青い自転車だよ!”

なんて声をかけられたりするのですが・・・



こんなふうに全く同じ自転車が修理で
入庫したりします。

まちがえてお渡しすると大変なので
確認作業の時間はご了承ください。

期間限定 下取りセール 開催中!

期間限定で 下取りセール開催中です。 当店で自転車を 現金でご購入時に限り お手持ちの自転車を 1,000円で下取りします。 (1台購入につき1台下取り) 2018年7月30日まで 現品限りの特別セール価格品や、 期間限定のセール品なども有ります。 コチラでチェックして下さい...